ベンガル猫とは


ベンガルのルーツは1960年代まで遡ります。

少し話は長くなりますが、ご興味のある方は

是非最後までご覧下さい。

ウィラードセンターウォール博士

(Dr.Willard Centerwall)

ロマ・リンダ大学の人類学のインストラクターに

加えて、医学部の小児科教授と健康管理学校の

母子保健学教授を務めていた方です。

猫愛好家でもあり、猫の遺伝学を趣味として

研究をしていました。

そんなウォール博士は、アジアのヒョウ猫に
魅了され、猫の白血病ウイルス(FLV)に耐性が
ある事を突き止め、その特性が家猫の子孫に
受け継がれるかどうかを研究する事に興味を
持った数人の研究者の中の1人でした。

この時はまだ、白血病に関する研究が新しい

猫の品種を創り出す事になるとは予想もせず、

白血病ワクチンの研究のため、猫と人間の

比較遺伝子マッピングの末、ロマ・リンダ大学

医療センターの遺伝学、先天性欠損症、染色体を

調べたチームによって偶然産まれた品種なのです。


同じ頃、Jean Sugden Milと言うブリーダーは、

ウォール博士の動機とは全く異なり、より

神秘的な猫を創り出す事でした。

ウォール博士は健康上の理由から猫の遺伝学を
操作することに興味があったのですが、ミル氏は

毛皮の取引を支持した人々が、毛皮を購入する

事がより困難になることを予想し、野生の猫の

様な外観を持つハイブリッドな品種を創る事を

この時決意するのでした。

実際ミル氏は、1980年にウォール博士からアジア

のヒョウ猫の標本であった9匹を譲り受けます。


ミル氏とウォール博士の様に、野生の猫と飼い猫

との交配に関心を示したのは、この2人だけでは

無く、1970年動物園の飼育係のビルエンゲラー

氏は、オスのアジアのヒョウ猫シャーと、2匹の

メスの飼い猫を交配し、2匹の子猫を産ませています。

その2匹に「ベンガルズ」と名付けたのでした。

エンゲラー氏はその様なハイブリッドを

創り出す目的は、次の通りであると述べています。

「美しく、ペットの飼い猫にふさわしい性格の

小さなエキゾチックな猫を創る事」だと…

ミル氏が野生の猫と飼い猫を交配させる動機に

加え、エンゲラー氏は益々絶滅の危機に瀕して

いる、エキゾチックな猫種を保護しようとし、

そのワイルドな容姿に魅了された人達は、

エジプシャン・マウ、アビシニアン、

ブリティッシュ、ボンベイなど、様々な純血種の

猫との交配を積み重ね、今のベンガル猫が誕生

したのです。


エンゲラー氏は、「Bengal」という名前の猫を

創ったとされていますが、名前の正確な由来は

実は不明で、アジアのヒョウ猫の学名である、

「Felis bengalensis」からインスピレーションを
得ていると示唆する人もいれば、自分の名前で

ある、B. Englerに由来する可能性があると

主張する人もいます。

この様に、一部の野生の猫は白血病の抗体を

持っているという事から、その血を受け継ぐ

ベンガル猫は猫の白血病に掛かりにくい結果

へと繋がりました。

今では、多くの人にベンガル猫が知られる様に

なり、またTICAによって認められ、私達が

ベンガル猫を、国内品種として迎えられる様に

なったのは、研究に携わった、ウォール博士と

ジーンS.ミル氏をはじめとする、全ての方々の、

熱心な研究と、献身的な努力の賜物なのです。


野生の血を強く引いているため、病気は比較的

少ない猫種だと言われています。

しかしその中でもかかりやすい主な病気として、

・進行性網膜萎縮

・PK欠乏症(赤血球ピルビン酸キナーゼ

 欠乏症・遺伝子検査で分かります)

などがあります。

ベンガル猫と言えば、皆さん一番に頭に思い
浮かぶのは、ヒョウを思わせる、あのルックス
だと思います。
しかしヒョウをよく見ると、円の様に見える
あの斑点同士は繋がっておらず、均等に間隔が
開いていますよね!
少しベンガル猫とは違いますが、どことなく
似ている所からヒョウのイメージを与えるので
しょう。

一方ベンガル猫の柄は、大きく分けて三つの

パターンに分かれます。
(ついでに載せてますが、ジャガーロゼットと
言って、ロゼットの中に、斑点があるものを
いいます)

その他にも細かく分けると、もっと沢山の数に

なりますが、斑点の様な柄はスポット、丸い

円の様な形をし、中の色が抜けているのが

ロゼットと言います。

後一つはマーブル(大理石)と言い、少な目では
ありますが、全身に大きく渦を巻く様に楕円形の
模様が描かれている、もしくははっきりと模様が
見えないのが特徴的です。

皆さんそれぞれ好みはあると思いますが、私は、

その三つのパターンの中でもロゼットが好みで、

その形は、大き過ぎず、小さ過ぎず、また

一つ一つのロゼットの間隔が離れ過ぎ無いヒョウ

の様に、キレイなパターンで並んでいるベンガル

猫を目指しています。


その他にも、個体の中には、「グリッター」と

呼ばれる、一本一本の毛がキラキラと輝きを

持つ上質なコートがあり、まるでミンクの様な

手触りで、これも野生の猫科動物を思わせる

要因の一つなのでは無いかと思います。

(残念ながら、全てのベンガルが持っている

訳では無いので、とても貴重なのです。)


身体は、ロング&サブスタンシャルで、

筋肉質かつ骨格が立派で、身体能力に優れて

おり、高い所も難無く上ります。

しなやかな身のこなしと、優雅に歩くその姿は
ネコ科の野生動物に備わる品格さえ感じさせて
くれます。

性格は非常にフレンドリーで、好奇心が強く、

言葉を理解する頭脳の高さを垣間見る瞬間も

多々あります。

水を恐がら無い猫種とも良く言われています。

しかし、我が家の場合ですが、この様に、

アクティブで、エネルギッシュな面も含め個体差

はあり、決して飼いにくい猫ではありません。

むしろ、人が大好きな上甘えん坊で、名前を

呼ぶとお返事をしてくれる様なお喋りさんで、

とても愛嬌があります。


平均寿命はおおよそ、12年~16年

大きさは、男の子で体重5k~8k

     女の子で  3k~5k 

(これはあくまで平均値です)



カラーですが、ご存知の通り、ベンガル猫と

言えば、ブラウンが一番ポピュラーなカラーで、

ブラウンを好む方は大勢いらっしゃいます。

その他にも、シルバーや、ブルー、ブラック

コートがまるで黒豹を連想させるカッコイイ

メラニスティック、更にチャコール、スノーと、

現在では様々なカラーが存在します。

我が家が主にブリーディングを手掛けている

のがこの中のスノーになります。
スノーも大きく分けて、シールミンク、シール
セピア、シールリンクスと三つのカラーに分け
られます。

このスノーベンガルも、繁殖プログラムの遺伝子

プールを交配し、人によって創り出された品種です。

シールミンク × シールミンクの場合のみ、

ミンク、セピア、リンクス全てのカラーを

創り出す事が可能です。

因みに、ミンク、セピア、リンクスの頭に付く

「シール」という用語は、ベースコートカラーを

指し、「ポイント」は、猫の四肢、顔、脚、尾が

他の猫とは異なる尖ったパターンを指します。

スノーというだけあり、そのベースカラーは、

【Ivory】or【White】or【Cream】となり、

これはシャムとビルマの祖先を示します。

スポットやロゼットのマーキングと

ベースカラーの濃淡がはっきりしている方が

望ましいと思いますが、リンクスポイントのみ

成長によって柄が浮き出てきます。


アイカラー
・リンクスポイントは(ブルー)
・セピアは(ゴールド〜グリーンと
 バリエーションは豊富です)
・ミンクは(アクア)の虹彩をしています。
この様な、美しいスノーベンガルに魅了され
ブリーディングを始めました。

一番に母体の健康を優先しつつ、子猫も
一頭一頭愛情をかけ巣立って行くその日まで
責任をもって育てさせていただきたいので、
どうしても頭数は少なくなりますが、
ご予約をいただければ、順番にご連絡を
させていただきます。
是非小さなヒョウを五感で堪能して下さい。

※メリットな補足として…

ベンガルは、猫アレルギーが

出にくいハイアポアレジェニックキャット

(低刺激性猫)なので、他の猫に比べ

唾液やフケなどのアレルゲンが少ないと

されています。

「猫アレルギーだけど猫を飼いたい」と

いう方にはおすすめかもしれません。


ベンガル猫を愛する方なら皆さん思う事だと

思いますが、この研究チームの一員だったらと

思うと、ワクワク感が止まらない私でした。

最後までご覧下さり、ありがとうございました。